2020年02月10日

おでんの効用

立春も過ぎ、暦の上では、春が始まりましたが、寒い日が続く今日この頃です。
今年は、コロナウイルスが毎日話題となっていますが、風邪やインフルエンザもまだまだなりやすい季節です。
これらの予防には、やはり、手洗いとうがいが基本ですが、免疫力を高める事も大切です。免疫力アップに欠かせない栄養素は、タンパク質、食物繊維、亜鉛、鉄などのミネラル、カルシウム、ビタミンA.C.E.B2などです。
そこでおすすめなのが、おでんです。
この寒い時期に、体も温まるおでんですが、いろいろな具材を一緒に煮ることで、栄養が
スープに溶け出し、他の具材にしみ込む事で様々な栄養素を摂取しやすいというメリットがあります。
おすすめの具材を、いくつか紹介します。
まずは、ちくわです。
原料には、スケトウダラが使われ、タンパク質が豊富で、抵抗力を強くする効果が期待できます。
次は、がんもです。
がんもに含まれる、大豆オリゴ糖が、腸内の
善玉菌を活性化させ、免疫力を高めます。
そして、一押しが玉子です。玉子には、タンパク質、ビタミン、鉄、亜鉛、葉酸などを
豊富に含んでいます。そして、玉子に足りない食物繊維もおでんにする事で、しみこみ、最強の具材になります。
この寒さも、あと一か月の辛抱です。
和顔で、あったか、おでんをつまんで、美味しいお酒を飲んで、のりきりましょう。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
posted by wagan at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187145137

この記事へのトラックバック
恵比寿和顔official siteはこちら!